FC2ブログ

自ら進んで… ~出会いへの道~

「世の中出会いがありそうでない」そう思ってるのは男だけじゃないはず!そんなこんなで始めてみます‘出会い系サイト’


当サイトおよびリンク先はアダルトコンテンツを含みます。18歳以下のご利用は固くお断り致します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 7月4日人妻との夜を全て話そう・・・ VOL 13 ◆


7月4日人妻恭子さんに会ってきた。 今日は VOL 13 をお届け。


名前:  恭子
年齢:  32歳
住まい: 足立区
仕事:  美容師さん
身長:  158センチ
彼氏:  旦那がいる (長距離トラック運転手)



━ 言えなかった言葉 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


完全に果てた恭子さんは、僕の上から動く気配はなかった。
肌と肌を伝わって、恭子さんの心臓が脈を打っているのがわかる。
グッタリとしている恭子さんのことが、すごく愛しく思え、
僕は下から抱きしめてあげた。

「恭子さん・・・、すごかったです。」
「いっぱいイっちゃった・・・。」

恥ずかしそうに恭子さんが口にした。
満足させてあげられて良かったという、安心感と快感。
そして中で出してしまったという罪悪感もちょっぴりあった。
まだ固いままの僕のソレを恭子さんから抜くと、
ヌプッ・・・っといやらし音と一緒に、僕の出したザーメンが
どろっ、と一気に溢れた・・・。
恭子さんは手際良く、僕のアソコをティッシュで綺麗にしてくれる。
お返しとばかりに、僕も恭子さんの色々なお汁で濡れたアソコを
ティッシュでなぞった。

「あん・・・。まだ気持ちいい。」

イってから時間も経ってるのに、まだ敏感な恭子さんの身体。
時計を見るともういい時間だった。

「恭子さん、そろそろ時間じゃないんですか?」
「うん、そうね。じゃあそろそろ・・・。」

僕は恭子さんの生着替えをまじまじと見ていた。
もう二度と見ることが出来ないかもしれない・・・。
ホテル代は恭子さんが多めに払ってくれた。
こんなに気持ち良い思いをさせてもらった、僕が払うべきだったかもしれない。

手を繋ぎながら外に出ると、入ってきた時にはなかった車が
たくさん止まっていた。辺りは静寂に包まれ、信号の明かりが
道路を照らしていた。

「じゃあ私こっちだから。今日はホント楽しかったよ。」
「僕もです。恭子さんのテクにやられちゃいました。」

いよいよ別れの時・・・。
楽しい時間はあっという間に過ぎる。

「バイバイ。」
恭子さんはそう言うと、キスをしてくれた。
夜の闇に消えて行く恭子さん。見えなくなるまで、
僕はその場から離れられなかった。
後悔と言えば、「また、会えますか?」って聞けなかったこと。

夢のような時間は終わり、恭子さんの手の温もりだけが残っていた・・・。


→ 続く


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 言えなかった言葉 ━


↓ PICK UP! ↓ ↓ PICK UP! ↓ ↓ PICK UP! ↓

『 即アポ裏技大全集 』

  ■ 無料即アポでセフレを簡単に作る裏技 ■

  極み ~その1~ / 極み ~その2~ / 極み ~その3~

  ■ 信じられないエロ画像 ■


↓ COOL! ↓ ↓ COOL! ↓ ↓ COOL! ↓↓ COOL! ↓

【 僕のフェチズム 】
全てのフェチズムがここに集結。ハメ撮り、コスプレ画像!
【 超エロいブログ 】
お気に入りのエロをお届けするエログ!
【 y.yオリ画3 】
えっちぃオリジナル画像てんこ盛り!!
【 ワールドエログ 】
海外のアダルト画像・エロ画像がいっぱい!
【 エロレッド 】
綺麗なモデルのおっぱい!シャラポワの乳首画像!




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

人妻ですよね~

こちらも最近は人妻系ばかり利用するワンパターン現象ですが、熱いですしちょうど狙い目なので休み中も仲間とヤリまくろうかなと。

次回の記事も期待してます!

  • 2005/08/15(月) 18:58:14 |
  • URL |
  • FIGALO #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fatman.blog9.fc2.com/tb.php/106-89985098
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。